HOTELHOTEL のブログ記事一覧 セブンデイズホテル 高知
ご予約 インスタグラム

7days laatikko 第一便 本日発送致しました!!!

 

7days laatikko 第一便 本日発送致しました!!!

7days laatikko 完売御礼‼︎

 

7days laatikko 完売御礼‼︎

 

    



おかげさまで「7days laatikko」第一便、
完売致しました。
ご注文頂きましたお客様、
本当にありがとうございます。
ご到着まで楽しみにお待ちください!!

竹林寺×7daysコラボ 〜瞑想&写経ミニ体験〜

 

 

4/9(金)、竹林寺さんにて瞑想&写経体験を開催します。

ご宿泊の方はもちろん、一般の方も参加いただけます。

ご宿泊のお客様には【牧野植物園】の入場券をプレゼント‼︎

 

 

気持ちの良い季節。
是非ご参加お待ちしております。

【日程】4/9(金)・5/7(金)・6/11(金)
【時間】9:30-11:30
【定員】8名
【参加費】3000円
【要予約】088-884-7100(セブンデイズホテル)
【持ち物】マスク、靴下着用
【宿泊特典】前日当日ご宿泊の方には、竹林寺さんの隣にある牧野植物園入場券をプレゼント

laatikko...17th story...

 

いよいよ明日4/1「7days laatikko」、
ホテルHPオンラインショップにて
予約受付を開始致します。
(第一便は4/9発送)

 

やっと出来上がりました。
お一人お一人の作り手さんとの出会いは
かけがえのないもの。
また、自分たち自身が改めて高知の素晴らしさを
知ることとなりました。
本当に高知は素晴らしい!!!
laatikkoをきっかけに
いつか高知に行ってみたいと思って頂けたら幸いです。
laatikkoの旅はまだまだ続きます。

たくさんのご注文お待ちしております。

※多くの商品が手作りなので数に限りがあります。
ご了承ください。

laatikko...14th story...



高知から仁淀川沿いをどんどん北に行くと
美しい渓谷があります。
お訪ねした國友さん、四輪駆動のプラドに
さあ乗って!!と
3時間は時間を取ってね?!と言われていた
スタートです。

ずんずん山道を進んで行き、
まずはとっておきの茶畑を案内するね。
と言った場所は急斜面に自生のお茶の木。
すぐ横は驚くほどの透明感のある水が流れる渓谷。
素晴らしい景色!!!
早速感動。
ここで採れるお茶は最高級品。

 


次行くねとまたまた小さな山道を大きな車でずんずん。
美しい里山の景色を横目に標高もかなり高そうな
山に到着。
自然のお茶の木で出来た茶畑は
何かのシンボルのように大きな岩、その傍には自然の
シュロの木。一帯が幻想的な風景を醸し出し
思わず手を合わせたくなる場所。深呼吸・・・。

急勾配の斜面での手摘みの作業は大変そう。
慣れた年配の方は手早くするのだそうです。
自然農法も納得。素晴らしい絶景。

  



反対の山にゲストハウスがあるのよ。
そこでお茶を飲みましょう!と
山道をずんずんと行く道は
美しい渓谷、里山の風景が繰り広げられ
着いたところはまさに桃源郷!!!
美味しいお茶を頂きすっかり魅了された
一日。高知は奥が深い・・・。

 

laatikko...13th story...

 

「ボカ」
何?
高知に住んでいながら
知りませんでした。
ごめんなさい田波さん。

 

 

 


サトウキビのしぼり汁を煮詰めている時に
ボッカボッカと音を出して弾け出します。
その時に釜からあげた蜜を「ボカ」
と言うそうです。
黒蜜と違ってサトウキビだけのエキスなので
くどくなく優しい甘さが特徴だとのこと。
本当に優しい味でヨーグルトやトーストに
抜群のおいしさ。
「かき氷が一番おいしい」と田波さん。

無農薬の栽培から釜炊きまで一貫して
作っているこだわりの黒糖はあっさりとして
シャリシャリ。
「ボカ」をからめたボカナッツも最高!!!
laatikkoのおかげで
素敵なご夫妻に出会えました。

laatikko...10th story...

 

 

laatikko...10th story...

 

 

 

 

 

高知市からずーっと西に行くと美しい海岸線が
見えてきます。
クジラが見える海、真っ青で物凄く綺麗な海。
その海岸通りにピクチャウインドーの様な建物、
最高に美しくカッコイイ塩工房があります。
海水を何度も何度も漉して天日干しをして
自然のお塩を作っています。
工房はビニールハウスの様な建物なので
日差しがさんさんと降り注ぎ
キラキラした塩の結晶が美しく
自然のエネルギーを感じさせてくれます。
気持ちいいですね。と言うと「今は冬場だから、
夏場は60度くらいになるので10分もいられないですよ。」

手で丁寧にならして干しているので
指紋が無くなるくらい大変な手作業。
出来上がったお塩はすごく優しい、
ミネラルたっぷりの上質なお塩です。
自然の旨味を感じ
どんな料理も受け止めてくれます。
もちろんトマトにパラパラとかけるだけで最高!!!
「高知の海は綺麗だから出来るのですよ。」と
吉田さん。
全て手作業なので沢山は作れません。特に冬場は。
でも7dayslaatikkoに協力してくださる。と言って
くださって本当に嬉しかったです。

laatikko...8th story...

 

 

laatikko...8th story...

 

 

 

 

 

高知といえばフルーツトマト。
たくさんの生産者の方のおひとり
吉川さんを訪ねました。
ちょうど1月から出始め5月位までが最盛期。
フレッシュな香りが満ちている作業場で
「皮が硬くて頭の緑っぽくなっているのがフルーツトマトの特徴、そして糖度が8度以上。」
その場で「これ10度くらい、ちょっと筋張って見えるのが美味しいがで、ほら」
と差し出してくれたトマトをガブリ!!
おいし〜い。
次々と差し出してもらい瑞々しい美味しいトマトで感動、感激。
ネット販売はしていないしホームページも無い。
ときっぱり
ちゃんと美味しいものを作るには数に限りがあるそうです。
でも7dayslaatikkoに協力して頂けるとの嬉しいお返事。
吉川のお父さん達お仲間がフルーツトマトを最初に作られたそうです。

春のlaatikko第一便には美味しいフルーツトマトが詰められます。
ヤッター。

laatikko...7th story...



続いて
美味しいチョコレートを作っている
ご姉妹がいると聞き
またまた西の田園風景。
何十年も高知に住んでいても知らないところ。
小さな田んぼ道の先に
普通の住宅。
小さな看板を見落とすと全然わからない。
でも一歩入ると甘ーい香り。
またまた素敵な女性が。

 

 



とても都会的なそれでいて高知ならではの
材料で作っているショコラ。
穏やかに一つ一つ説明してくれて
チョコの厚みは口溶けで決めた厚さ。
文旦ピールは少しずつ少しずつ何度もコーティング。
しっかりとしたでも優しいピールが出来る。と
すっかり心を奪われてしまいました。
「ここの段々畑は春になると花とハーブが咲き乱れるんですよ。」
なんて素敵なんでしょう。
大切にしていることをしっかり心に持っている方達だな〜。と
新鮮な感動をうけました。
でもショコラは冬のみじゃないと
一緒に送れないので春の第一便はお預けです。

 

laatikko...6th story...

 

 

 

 

laatikko...6th story...

 

 

 

 

 

美味しい果物、野菜、加工食品。
高知は西に東に長ーい県です。
7daysはその真ん中
まずは西から美味しいものを探す
ドライブスタート。
高知では珍しく粉雪の舞う日に
高知市内から40分位の小さな集落で
待っていてくださった、とても素敵な女性。
大町さん。
ほとんど無農薬で、丁寧に作られたConfiture(ジャム)。
その時は柿のジャムを頂き、えっ何?これ!?
感動!!!
聞けば大町さんはIターンで
高知が好きになって移住してきた方だそうです。
「泊まる時はいつも7daysでした。」と
感激する言葉を頂き
早速laatikkoの中へ。

laatikko...5th story...



せっかく作るのだから楽しい箱にしたいよね。
高知在住の版画家 松林誠さんに
描いてもらおう
box 自体がアートだと嬉しい‼︎
早速相談
喜んでお引き受け頂いた。

 

 

 


楽しみ!

名前も素敵なBOXも決まりました。
“7days laatikko”の船出です。

laatikko...4th story...

 

 

 

laatikko...4th story...

 

 

 

楽しくユーモアを持った名前にしよう。
7daysboxじゃつまらない。
暮らしを大切にしている北欧の言葉。
何かないかな?
フィンランド語でboxはlaatikko(ラーティッコ)
良いんじゃない?と思っていたら
偶然、フィンランド在住のムーミン研究家さんに
素敵な言葉はないですか?とたずねていた答えが同じく
laatikko。
「7days laatikko」すごくいい!!!と
本来は「ラーティッコ」と読むらしいけど
ちょっと読みやすく「ラティコ」
「セブンデイズラティコ」と呼ぼう。
名前は決まりました。