イベントイベント のブログ記事一覧 セブンデイズホテル 高知

タカハシユミコ布絵展

 

2017.4.8 (Sat) ― 6.4 (Sun)

 

高知県出身のタカハシユミコさんは、1971年に女子美術大学を卒業し、

様々な表現の可能性を探る中で、「布絵」という形式を見出しました。

絵具が布に変わり、筆の変わりに針で縫う「1枚の布絵」は、

独特の美しさを発し、絵具で表現しきれない日本的な叙情性を感じさせるものです。

1982年、1983年と、松屋銀座アートギャラリーにて個展を開催し、

1984年から10年間にわたりYAMAHA月刊エレクトーン雑誌の表紙を飾り、好評を得ました。

帰高後は、2000年、2007年と高知でも個展を開催しています。

タカハシユミコさんの、豊かでエレガントな世界をご堪能ください。

 

●香美美術館

TEL: 0887-53-5110

ADDRESS: 高知県香美市土佐山田町262-1 プラザ八王子2F

未来へひきつぐ美とかたち 高知城歴史博物館




未来へひきつぐ美とかたち

土佐藩主山内家伝来の美術工芸品をご紹介します。

江戸時代を通じて16代にわたり土佐藩主を務めた山内家。
歴代の甲冑、陣羽織を始め、能面、漆芸品など約30点。
そして国宝の書「高野切(古今和歌集巻第廿)」を展示します。

兜や陣羽織の斬新なデザイン、能面の幽玄、漆黒の中に浮かび上がる金銀蒔絵の美。
武家の美意識をご堪能ください。

2017年3月4日(土)~4月23日(日)
高知城歴史博物館 高知市追手筋2-7-5




高知城歴史博物館

2017030402


土佐の歴史と文化の新拠点として2017年(平成29)3月4日開館しました。

西南雄藩のひとつ、土佐藩の歴史資料や絢爛たる大名道具の数々を中心に
高知の歴史・文化を紹介する本格的な博物館です。

体験型の展示や映像などで、大人から子どもまで楽しみながら歴史を学ぶことができるほか、
年間を通して多彩な企画展や講座・催し物が開催され、
来館のたびに新たな土佐の歴史文化の魅力を体感できます。

迫力ある高知城の姿を目の前にのぞむ展望ロビーは必見。
日曜市やひろめ市場で賑わう中心商店街にも隣接しており、
博物館とあわせて城下町をまるごと楽しむことができます。

第2回アジアンフードマーケット

16473471_265825257175240_6957941471314239438_n

 

土佐の「おきゃく」の一環で

今年もアジアンフードマーケットが

開催されます。

中国料理をはじめ、ベトナム、タイ、インド、韓国など

高知県下のアジア各国のレストランが集合する

野外イベントです。

 

日時:3月9日(木) 11:00 ~ 21:00

会場:高知市中央公園

TEL:088-823-2281 高知県中華料理生活衛生同業組合

 

 

 

 

いの町かみのひな祭り2017(仁淀川ひな回廊)

20170226


2017年3月4日(土)、3月5日(日)
10:00~16:00 ※少雨決行

いの町紙の博物館と大国さまを繋ぐ商店街が、
桃の節句に合わせた桜の色に染まります。

・紙の衣装を着た子どもたちによるパレード
・いの町特産品市
・紙の博物館・ギャラリーコパ入場無料
・巨大絵馬&お雛様の展示(大国さま内)
・紙のワークショップ(紙の博物館内)
・雛ぬりえロード(幸町)
・紙吹雪プール(ギャラリー・コパ)
・ふるまいぜんざい 等…

いの町かみのひなまつり実行委員会
お問合せ:いの町観光協会 Tel:088-893-1211




春の白いシャツ展

2017_03

 

2017.3.18 (sat) ― 3.26 (sun)

 

上質な素材とシンプルなデザイン。

着る人の暮らしに馴染む白いシャツ。

洗いざらしで着られるココロとカラダに優しいシャツです。

この機会にぜひ袖を通してみてください。

 

●ギャラリー エム・ツウ

℡:088-885-4689

http:/www.gallery-m2.jp

土佐の「おきゃく」2017

20170220

土佐の「おきゃく」と題し、高知の中心街を会場とした大きな宴会が開催されます。

「おきゃく」とは土佐弁で宴会のことを指し、料理、酒、歌、踊り、アート、スポーツといったさまざまなジャンルの趣向を凝らしたイベントが、各所で次々と催されます。

「土佐の夜楽 昼楽 深夜楽」、お座敷体験、皿鉢祭り、よさこい鳴子踊り、音楽ライブ、街路市などが行われ、料理を囲み、酒を飲み、歌や踊りを楽しむ土佐特有のもてなしの文化に触れることができます。

開催期間2017年3月4日~12日


佐竹健児展

L17002

 

 

2017.2.5 (Sun) ― 3.26 (Sun) 

 

 

高知県内をはじめ、高松、神戸などで個展を数多く開催している佐竹健児さん。

香美市立美術館での「誰にもわかる抽象画展」にも参加されています。

 

今回、初期から一貫して抽象画に取り組む佐竹さんの

2013年以降の制作から主な作品が展示されます。

 

ぜひ、ご覧ください。

●奥物部美術館

address: 香美市物部町大栃872-2

tel: 0887-53-5110


【お詫びと訂正】
掲載時に佐竹さんの御氏名につきまして掲載ミスがあり、訂正致しました。
佐竹健児さん、ご迷惑をおかけした皆様、関係各位に深くお詫び申し上げます。




 

 

 

高知龍馬マラソン2017 桂浜行き無料シャトルバスのご案内

ryoma-marathon2017

2月19日(日)に高知龍馬マラソン2017 が開催されます。

当日は大規模な交通規制が行われ、
路面電車、路線バス、空港連絡バスなどの運行が変更となりますのでご注意ください。
詳しい情報はとさでん交通株式会社様のホームページをご覧ください。
https://www.tosaden.co.jp/

桂浜やフィニッシュ会場へは無料シャトルバスをご利用ください。

【シャトルバス】
開催日時:2017年2月19日(日)
開催場所:高知県庁前 9:00 スタート ~桂浜花街道~ フィニッシュ会場(春野総合運動公園)
駐車場:有料
桂浜公園駐車場 500台(障害者向け5台)
8:30~18:00(年中無休)
小型・軽 400 円
バス   800 円
タクシー 160 円
自動二輪 50 円

交通アクセス:高知ICから高知県立美術館、高知新港方面へと進み黒潮ライン(県道14号海岸線)に突き当たる交差点を右折、浦戸大橋を渡り直ぐの信号を左折して道なりに進んで下ると右手に桂浜公園駐車場。
 
【バス】
・MY遊バス(JR高知駅発ほか)で桂浜下車
・とさでん交通路線バス桂浜行きの終点桂浜で下車お問い合わせとさいぬパーク
電話:050-3033-3166
Fax:088-841-5148



カンパニーデラシネラ 新作公演「ドン・キホーテ」

20170127


マイムの動きをベースに台詞を取り入れた独自の演出で、
世代を超えた観客層の注目を集めているカンパニーデラシネラ。

待望の、デラシネラ高知初演作 “古典名作劇場” の第二弾公演です!

2011年に高知で始めたデラシネラの“古典名作劇場”第一作目は、
ウィリアム・シェイクスピア『ロミオとジュリエット』でした。

全編上演は数時間かかるこの古典を、
子供から大人まで楽しめる身体表現を織り交ぜた一時間の作品に仕上げ、
その後日本各地で再演を繰り返しています。
第二作目となる今作では、セルバンテスの名作『ドン・キホーテ』を取り上げ、
”騎士”と夢想する破天荒な男の珍道中を、デラシネラ流の身体表現に解釈し、披露します。

また、本公演に先駆けて、高知県内の小・中学校に出向き今作を上演する、出前演劇教室も開催します。

日時
2017年3月3日(金) 開場18:30 開演19:00
    3月4日(土) 開場13:30 開演14:00
    3月4日(土) 開場18:30 開演19:00



志国高知「幕末維新博」~時代は土佐の山間より~

20170125051349_00001

 

「志国高知 幕末維新博 ~時代は土佐の山間より~」

幕末から明治維新にかけて、京や江戸から遠く離れた土佐の地にあって、坂本龍馬をはじめ、多くの偉人を輩出した高知県。
当時に思いを馳せ、彼らを育んだ時代につながる土佐の風土・文化・食・自然などを知っていただくため、2017年から2か年にわたり、「志国高知 幕末維新博」を開催します。

 

 

開催期間

第一幕:2017年3月4日(土)~2018年3月31日(土)

第二幕:2018年4月1日(日)~2019年3月31日(日)

会場

メイン会場:高知県立高知城歴史博物館

     :高知県立坂本龍馬記念館

サブ会場 :高知旅広場他、高知県下20ヶ所の地域会場

お問合せ:四国高知幕末維新博推進協議会事務局

℡088-823-9754

http://bakumatsu-ishinhaku.com/

 

セブンデイズホテル、セブンデイズホテルプラスの両館では

2017年01月23日(月)から2017年10月31日(火)の期間、

ミネラルウォータ付の幕末維新応援プランが新しく登場。

是非両館にご宿泊頂き、高知の幕末維新博を満喫していってくださいね♪

 

M2 ギャラリーエムツウ「raregem Exhibition」

2017_02_raregem

 

 

2017年2月11日(土)~2月14日(火) 11:00~19:00

 

 

家具や住まい、ショップの設計施工からバッグや金物の

デザイン製作を手がけるレアジェム。

ギャラリーエムツウさんでの初めての展示会となる今回は

ユニークなコンセプトのレザーボストンバッグ(バンクローバー)を

はじめ東京都大田区の自社アトリエで制作している帆布製品

(スタジオライン)の定番や新作など多彩な商品が一堂に会します。

 

 

 

ギャラリーエム・ツウ

高知県高知市はりまや町2-8-12

tel.088-885-4689

http://www.gallery-m2.jp/

1 / 51234...最後 »