高知県立美術館 土陽美術会




明治40年、高知出身の美術家を中心に創設された「土陽美術会」。

故郷を同じくする個性豊かな美術家たちが、
洋画や日本画、彫刻といったジャンルの垣根を越えて交流し、
東京と高知をつなぐ活発な活動を展開しました。

本展では高知県立美術館が収蔵する同会会員の作品や、
大正・昭和初期に発行された会の機関誌『土陽美術』をはじめとした資料類の展示を通して、
土佐人による土佐人のための美術団体の姿に迫ります。

土陽美術会
2018年10月18日[木] - 2018年12月20日[木]