ご予約

高知城歴史博物館特別企画展「明治元年の日本と土佐~戊辰戦争 それぞれの信義」




高知城歴史博物館特別企画展
「明治元年の日本と土佐~戊辰戦争 それぞれの信義」
会期:平成30年(2018)3月21日(水・祝)~5月28日(月)

戊辰戦争ゆかりの資料がご覧いただけます。


序章 戊辰開戦前夜
大政奉還、王政復古の政変など、鳥羽・伏見の戦いへと至る戊辰開戦前夜を振り返ります。

第一章 激突、鳥羽・伏見
鳥羽・伏見の戦い、徳川慶喜の江戸への帰還、慶喜追討令の発布、そして新政府軍の東征出発など、戊辰戦争の開始から戦火が東国に移りゆく経緯をたどります。

第二章 関東の情勢
甲州勝沼での近藤勇率いる甲陽鎮撫隊との戦い、江戸無血開城、日光・今市での激戦、上野戦争など、戊辰戦争の経過をたどり、発足した新政府の新しい政策の意義を考えます。

第三章 東北の同盟と新政府
奥羽越列藩同盟の成立、東北各地での戦い、同盟の瓦解、それぞれの「信義」が交錯する複雑な政治情勢を俯瞰します。

最終章 戊辰戦争の終結とその後
榎本武揚が目指した箱館政権、五稜郭をめぐる攻防戦、戦後の処分と論功行賞、会津藩のその後、戊辰戦争がもたらした光と影に迫ります。

主な展示資料
大政奉還上表文並びに勅許等写、二条城二の丸御殿障壁画、新撰組隊士島田魁 新選組大幟、薩摩・長州・土佐兵手旗、泣血氈、箱館大戦争之図、太刀 銘 二本松住国秀造 など