ご予約

Le Père 父

 

 

ある父を巡る哀しい喜劇 (コメディ) ― 誰にとっても身近な話 - 

 

フランス演劇賞最高位のモリエール賞 最優秀脚本賞を受賞

(トニー賞とローレンス・オリビエ賞の主演男優賞を受賞)

フロリアン・ゼレールの最高傑作、30か国以上の上演で大絶賛を受け、待望の日本初演!

フランスオリジナル版を演出した気鋭演出家ラディスラス・ショラーが日本で初めて演出。

各国を代表する名優が演じてきた父アンドレ役を橋爪功さん、娘アンヌ役を若村麻由美さん、

二人の周辺の人々を実力派として定評がある今井朋彦さんと吉見一豊さん、

元宝塚歌劇団トップスターの壮一帆さん、進境著しい太田緑ロランスさんが演じる期待作。

 

 

2019年3月6日 (水) 19:00開演 (18:30開場)

高知市文化プラザかるぽーと 大ホール

COOVA FABRIC

 

11月24日(土)より、く・ら・しのアートギャラリー giggy2 さんにて

COOVA 瀬谷志歩さん の作品展が行われます。

 

2018.11.24(土) - 12.1(土)会期中無休 

am11:00 ~ pm7:00 (最終日pm4:00)

*初日作家さん在廊

 

く・ら・しのアートギャラリー giggy2 ~じぎじぎ~

〒780-0821

高知市桜井町1丁目5-12 HABIT 1F

 

 

d design travel WORKSHOP KOCHI 参加者募集のお知らせ

高知県のデザイントラベルを考える

d design travel WORKSHOP KOCHI



d design travel 高知号」の取材候補先を、皆で考えます。

ロングライフデザインをテーマに活動するD&DEPARTMENT PROJECTが、
47都道府県それぞれにある、その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、
デザインの視点から選び出し、観光ガイドとしてまとめたものが
『d design travel(ディ デザイン トラベル)』。

次号は「高知号」をお届けします。

「必ず、自費でまず利用すること。
実際に泊まり、食事し、買って、確かめること」を編集方針の1つに掲げる本誌が、
取材に先駆けて行なうのが、掲載スポットを議論・提案するワークショップ。

第1部は「取材対象の考え方」の簡単なレクチャーで、
第2部がグループディスカッションです。

参加の皆様と一緒に、どのような場所や店が「高知県らしい」か? を考え、
取材候補を絞り込んで発表していきます。

当日は『d design travel』の取材を含め、全国を巡ってきた編集部が現地入りします。

「高知県らしさ」について考えることは、
これからの街づくり、店づくり、商品づくりのヒントになるかもしれません。

楽しくて旅したくなる日本を、編集部と共に話し、考えてみましょう。

 

 

場 所:セブンデイズホテルプラス
(高知県高知市はりまや町2-13-6)

日 時:2018年11月18日(日)13:00~15:00(受付は12:30より)
参加費:2,000円(『d design travel』既刊号1冊付き)
定 員:60名

※ワークショップでは、筆記用具を使用しますので、ご持参ください。
※お車でお越しの際は、セブンデイズホテルプラスの駐車場ご利用ください。(50台程度)
※駐車台数に限りがあるので、出来るだけ公共交通機関にてお越しください。

主催:D&DEPARTMENT PROJECT
共催:セブンデイズホテル

【アクセス】
電車: 「高知駅」から徒歩で約10分
徒歩: はりまや橋より約5分
車 : 高知ICから約10分、高知龍馬空港から約30分

申込・詳細はこちらから
https://static.d-department.com/jp/archives/sights/58220

高知県立美術館 土陽美術会




明治40年、高知出身の美術家を中心に創設された「土陽美術会」。

故郷を同じくする個性豊かな美術家たちが、
洋画や日本画、彫刻といったジャンルの垣根を越えて交流し、
東京と高知をつなぐ活発な活動を展開しました。

本展では高知県立美術館が収蔵する同会会員の作品や、
大正・昭和初期に発行された会の機関誌『土陽美術』をはじめとした資料類の展示を通して、
土佐人による土佐人のための美術団体の姿に迫ります。

土陽美術会
2018年10月18日[木] - 2018年12月20日[木]


ギャラリー エム・ツウ「色のない世界」



krank展

2018.10/6~10/16
ギャラリー エム・ツウ
http://www.gallery-m2.jp/info.html


使い続ける ― Continue to use ―

 

2018.10.11 (木) ― 10.18 (木)

Open 11:00 → 17:00 (会期中無休)

 

気がつけば、ずっと使いつづけている生活用具あれこれ。

使えば使うほど自分らしい使い方に、そだってゆくたのしみ。

 

 

くらしのかたち

[テーブルギャラリー]

〒781-8121 高知市葛島1-9-24

TEL/FAX 088-882-7030

プラスの壁の色が変わりました

a. 2018 A/W collection

 

 

2018.9.20 (Thu) ― 9.25 (Tue)

 

く・ら・しのアートギャラリー ~じぎじぎ~さんにて

大橋歩さんの秋/冬のコレクションが開催されます。

 

 

○ く・ら・しのアートギャラリー giggy2 ~じぎじぎ~

tel/fax 088-884-9505

石元秦博・コレクション展~HANA~  開催中

 

 

 写真集『HANA』に掲載された作品を中心に、石元自身の手によるオリジナル・プリントを紹介します。

 

 

 

日時:2018年8月7日(火)―  11月25日(日)

    *10月8日(月)は展示替えのため閉室
    前期 2018年8月7日(火)~10月7日(日)

    後期 10月9日(火)~11月25日(日)
   

時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)

閲覧料:一般360(280)円・大学生250(200)円・高校生以下無料

 

場所:高知県立美術館

  〒781ー8123
  高知県高知市高須353―2
  TEL 088ー866ー8000
  FAX 088ー866ー8008

https://moak.jp/

第186回市民映画会

  

 

 

高知市文化プラザかるぽーと大ホールにて、

『第186回市民映画会』が開催されます。

 

日程:2018年9月13日(木)、14日(金) 開場10:30

 

会場:高知市文化プラザかるぽーと大ホール

 

上映時間:両日とも

     ○ルージュの手紙(117分)

     ①11:00 ②15:25 ③19:40

     ○ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(120分)

     ①13:15 ②17:30

 

料金:一般前売1,300円 (当日1,500円)

     割引1,000円 (前売、当日とも)

 ※学生証、長寿手帳、障害者手帳などをお持ちの方は割引料金

 ※一枚のチケットで両方の作品がご鑑賞できます

 

主催:市民映画運営委員会

     高知市教育委員会

     高知市文化振興事業団

 

お問合せ:高知市文化振興事業団 088-883-5071